日報連 > ネット支部 > 2020年12月度月例写真(個人会員)

2020年12月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「美男美女」
大野 初江 (千葉県)

【評】東京・浅草の浅草寺。羽子板市には毎年大勢の人たちでにぎわいます。 お客さんが一瞬引けた瞬間の撮影ですね。 美男、美女が描かれた羽子板に同化するように座る店主の女性が作品の面白さ。表情が固いので笑顔を引き出せたらベストでしたね。


 
銀 賞

「今年は写真で忘年会」
岩出 靖彦 (東京都)

【評】コロナ禍は小さなお店の忘年会すら奪いました。 ならばと、過去に撮った忘年会の写真を店内に飾った店主の女性。 表情は見えませんが、懐かしくも、収束が読めない現況に複雑な心境も伝わってきます。 これなら忘年会に出席してきたお客さんたちも大喜びですよね。


 
銅 賞

「しまなみ海道の朝」
平井 隆夫 (大阪府)

【評】朝日が真っ赤に染めあげた空が画面を大きく占め圧巻ですね。 水平線のかなり上まで昇ってきた太陽ですが、ほどよいベールに包まれた好条件でしたね。 船がアクセントですが、この場合、手前の逆光に輝く海面を通る小さな船だったら、なあ・・・とも思いますが、作者も同感ですよね。



佳作

「コロナ禍のイルミネーション」 泉 雅夫(大阪府)

 

「ダッシュ」 小林 千賀子(米オレゴン州)

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る