日報連 > ネット支部 > 2020年9月度月例写真(個人会員)

2020年9月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「やっと秋が来ましたね」
平井 隆夫 (大阪府)

【評】お地蔵の隙間から「ちょこなん」と見える彼岸花に秋の訪れを感じます。 通常なら向こう側から撮ってしまいがちですが、敢えて地蔵の背中から撮ったセンスは見事。 逆光だけに地蔵も花も浮き上がりましたね。


 
銀 賞

「日本の秋」
泉屋 ゆり子(川崎市)

【評】稲刈りに忙しい農家の人たち。手作業での稲刈りは大変です。 右下にまだ刈る前の稲が見えます。台風などで全部倒れてしまったのでしょうか。 稲刈り機が使えず、仕方なく手作業になったとしたら、一段と苦労が伝わってきますね。


 
銅 賞

「暮れゆく街」
岩出 靖彦 (東京都)

【評】古めかしい窓枠の喫茶店。 窓際に飾られた数々の食器は全て手作りに見えて素敵ですね。 夕暮れの空が右上にありますが、この際、外の風景を映し込ませた窓だけの構図の方が、より雰囲気が高まったかもしれませんね。



佳作

「コロナ感染防止をするパイロット」 泉 雅夫(大阪府)

 

「オレゴン富士」 小林 千賀子(米オレゴン州)

「夕闇のファンタジー」 大野 初江(千葉県)

 

「燈火」 長野間 宏(茨城県)

「瑞雲」 ウォーターズ めぐみ(英国コンドン)

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る