日報連 > ネット支部 > 2020年6月度月例写真(個人会員)

2020年6月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「My new friend」
小林 千賀子 (米オレゴン州)

【評】アフリカで水牛の顔や体に止まり、寄生虫を食べてくれる「掃除屋」の鳥は知っていますが、鹿の頭のてっぺんに止まった鳥は珍しいですね。 それも何かを食べているわけでもないので、まさにタイトルにぴったりの作品。見事なショットですね。


 
銀 賞

「理容店への帰還」
岩出 靖彦 (東京都)

【評】コロナ禍で自粛していた理髪店が再開し、久々に訪れた作者のセルフポートレートでしょうか。 というよりは、貴重な「記録写真」ですね。大きな鏡の前に、外したメガネだけのシンプルさに引かれます。 この場合、写真に日付をあえて入れ込んだらベストでしたね、きっと。


 
銅 賞

「静寂のヒースロー空港 」
ウォーターズ めぐみ (英国ロンドン)

【評】新型コロナウイルスの影響で、人影が消えたヒースロー空港。 わずかなフライトがあるのか、空港内で過ごす乗客も、この姿。 ウイルスという、目に見えない「怖さ」だけに気持ちも分かります。 早い終息を祈るロンドン在住の作者のメッセージでもありますね。



佳作

「あじさい園」 大野 初江(千葉県)

 

「水面の新緑」 平井 隆夫(大阪府)

「初夏」 長野間 宏(茨城県)

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る