日報連 > ネット支部 > 2020年5月度月例写真(個人会員)

2020年5月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「光秀の遺産(福知山城)」
大田黒 英豊 (兵庫県)

【評】NHKの大河ドラマの主人公・明智光秀が築城した福知山城。 現代の写真なのに、光秀の威光を放っているようにも感じますね。 当然画像調整した写真で、カメラ内蔵の「ドラマチックトーン」なる手法と魚眼レンズの組み合わせとのこと。 ん〜侮れない機能だ。


 
銀 賞

「進入禁止」
小林 千賀子 (米オレゴン州)

【評】天敵から我が子を守るカナダガンの親鳥。 広げた大きな羽に乗っかるように顔を覗かせている2羽の雛。ドンピシャのタイミングです。 ですが、実は天敵の出現ではなく、水浴び前の準備体操のようです。 作者に座布団、ですね。


 
銅 賞

「顔」
平井 隆夫(大阪府)

【評】見えます、見えます「猿の顔」に。 場所は野生の猿が沢山住む箕面(大阪府)の山中。 正体は苔むした大岩なんですね。 長年の風雨で不思議な形になったのでしょうか。 後方の新緑も美しく、緑の中の緑の構成が素敵ですね。



佳作

「夕照枝垂桜」 柴田 磐夫(東京都)

 

「キレッキレのダンス」 大野 初江(千葉県)

「春の雪」 泉屋 ゆり子(川崎市)

 

「ギンラン開花」 長野間 宏(茨城県)

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る