日報連 > ネット支部 > 2019年12月度月例写真(個人会員)

2019年12月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「望洋」
大田黒 英豊(兵庫県)

【評】神戸・六甲山山頂から見下ろした大海原。 雲の切れ間から差し込む光に輝く海面が美しいですね。 それとは逆に、レースのカーテンのようにも見える雲から海面に伸びた幾筋もの雨雲が並び不思議な光景になりました。 ポツンと浮かぶ船も重要なアクセントになりましたね。


 
銀 賞

「俺と夕日と武甲山」
石渡 義三(埼玉県)

【評】右奥に見えるのが埼玉を代表する武甲山でしょうか。 台風一過で透明度の高い日だけに遠くの山々もくっきり見え、オレンジ色の夕日が素敵ですね。 川向うの土手で、一人たたずむ人が見えます。 作者と同じように沈みゆく夕日をじっと眺めながら何を思っているのでしょうね。


 
銅 賞

「スマイリングムーン」
小林 千賀子(米オレゴン州)

【評】日が落ちかけると同時に輝きを増していく月。 ほぼ満月に近い月を背景にカナダガンの群れが飛行をしています。 画面からはみ出るほど沢山のガンが飛んでいると想像できます。 ちょうど2羽のガンが月と重なり、まるで、月が目を細めて笑っているようにも見えて面白いですね。



佳作

「夕日と鉄橋」 多田 裕(大阪府)

 

「師走のコスモス」 大野 初江(千葉県)

「愛でる」 柴田 磐夫(東京都)

 

「青春時代」 石塚 正彰(埼玉県)

「紅蓮に染まる」 篠ア 富秀(京都府)

 

「魅入られて」 泉屋 ゆり子(川崎市)

「大蛇退治」 長野間 宏(茨城県)

 

「キングス・クロス駅の年の瀬」 ウォーターズ めぐみ(英国ロンドン)

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る