日報連 > ネット支部 > 2019年9月度月例写真(個人会員)

2019年9月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「残暑」
柴田 磐夫 (東京都)

【評】タイトルのごとく暑い日とは思いますが、「暑さ」の表現よりも、逆光に輝く階段が美しく、目を引きます。 シンメトリーに階段を上り下りする人物を入れたシャッターチャンスはお見事。 二人の笑顔にパンチが出ました。


 
銀 賞

「出番前」
石渡 義三 (埼玉県)

【評】子供歌舞伎ですね。全身役者になりきっても、そこは子供です。 出番前に、何度も舞台を覗き、子供らしい、落ち着かない気持ちが十分に伝わってきます。 でも、その姿は観客には「丸見え」なのが作品のポイント。拍手喝采の舞台を演じたでしょうね。


 
銅 賞

「ロンリーコンドル」
小林 千賀子 (米オレゴン州)

【評】うっすらと背中に雪がつもったコンドル。 餌にありつけず、「しばし立ち尽くしている」そうです。 そう聞けば「なるほど」野性の厳しさを感じますが、作品だけ見ていると、獲物を狙う中、作者のカメラに気づいてしまったようにも見えます。 これが、まさに写真の面白さではないでしょうか。



佳作

「惜しまれるトーマス・クックへの花束」 ウオーターズ めぐみ(英国ロンドン)

 

「準備はできた」 平井 隆夫(大阪府)

「真夏の特訓」 石塚 正彰(埼玉県)

 

「森の彩り」 露木 義光(静岡県)

「噴水危機一髪」 大野 初江(千葉県)

 

「存在に価値あり」 多田 裕(大阪府)

「残暑に負けず」 松重 寿機(兵庫県)

 

「送南風」 長野間 宏(茨城県)

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る