日報連 > ネット支部 > 2019年7月度月例写真(個人会員)

2019年7月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「ほな撮るで〜。皆、笑ってや〜」
泉 雅夫 (大阪府)

【評】大阪を代表する祭り「天神祭ギャルみこし」。 参加者は事前審査もあり狭き門。報道各社も必ず取材をする人気の祭りです。 作品は休憩での一コマ。本番に関係なくずっと「ノリノリ」で、楽しさ爆発の作品ですね。


 
銀 賞

「夏近し」
露木 義光 (静岡県)

【評】 「さぁ、行くかな!」と、昆虫探しと思いきや、よく見ると魚用の網ですね。 田んぼの脇道を通り、通い慣れた小川に向かうのでしょう。 肩に担いだ網とサングラスの格好から既にベテランで「大物」になる予感を感じますね。


 
銅 賞

「暑さふっ飛ばせ!」
小林 千賀子 (米オレゴン州)

【評】人間の水飲み場ではなく、ヒョッとしたら鳥専用の水浴び場でしょうか。 実際は寄生虫などを落とす重要な水浴びですが、羽をばたつかせ、いかにも気持ち良さそうに見えるので人間からは可愛く見えて仕方ないですね。



佳作

「お似合いですね」 大野 初江(千葉県)

 

「温もりの朝」 石塚 正彰(埼玉県)

「参宮橋つゆ晴れ」 多田 裕(大阪府)

 

「歯を食いしばる」 石渡 義三(埼玉県)

「出番を待つ」 平井 隆夫(大阪府)

 

「弥生の歳時記」 大田黒 英豊(兵庫県)

「神秘な放電」 綾目 義一(山口県)

 

「相棒よ出番はまだか」 長野間 宏(茨城県)

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る