日報連 > ネット支部 > 2019年5月度月例写真(個人会員)

2019年5月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「ごめんください」
篠崎 富秀 (京都府)

【評】京都・嵐山の「お食事処」。 庭園などでよく見かけるアオサギですが、実は大きな鳥。 至近距離の窓のすぐ外に現れたら、誰だって驚きますよね。 魚に飽きてしまって「今日の昼飯は会席料理だ!」とアプローチしたのでしょうか。


 
銀 賞

「障害者護身術」
ウォーターズ めぐみ (英国ロンドン)

【評】近づく東京パラリンピック大会。 イギリスでは、車イス使用者の護身術が披露されました。 身動きが制約される車イスなのに、「防護」などに無関心だった私(講者)が恥ずかしい限りです。 車イスの女性はこの道のプロとのこと。 障害者への思いやりを強く感じる作品です。


 
銅 賞

「捕まえたニャー!」
大野 初江 (千葉県)

【評】転がったボールを捕まえた猫ちゃん。 人間には遊びでも猫からしたら、本番そのものなのでしょうね。 鋭い目付きと、むき出しになった4本の歯に、野性の本性を感じますね。 長い尾が一瞬、後ろ脚に見えるのも面白いですね。



佳作

「ベスト巣材」 小林 千賀子(米オレゴン州)

 

「里の子」 露木 義光(静岡県)

「初夏の贈り物」 松重 寿機(兵庫県)

 

「風に吹かれて」 石塚 正彰(埼玉県)

「堅牢堅固」 多田 裕(大阪府)

 

「まぁ!昨日までは元気だったのに」 平井 隆夫(大阪府)

「抜け道」 長野間 宏(茨城県)

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る