日報連 > ネット支部 > 2019年4月度月例写真(個人会員)

2019年4月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「はい、チーズ」
小林 千賀子(米オレゴン州)

【評】こんな偶然もあるのですね。 置物のリスと野性のリスの2ショット。 全く同じポーズも「お見事」で可愛いですね。 鳥のデコイと同じで、仲間と勘違いして寄ってきたのですね。 でも可愛さに餌を与えてはいけないそうですよ。


 
銀 賞

「水温む」
平井 隆夫(大阪府)

【評】厳冬期の長野・上高地。 何時間も歩いてやっと着いた場所。 静寂な世界が広がり「独り占め」の感覚に心躍りますよね。 池の湖畔の雪も、朝日が差し込んで輝く木々も美しいですね。 苦労した「ご褒美」の作品です。


 
銅 賞

「わき役は寂しいよ」
大野 初江(千葉県)

【評】お面のせいで、なるほど「ツ・マ・ン・ナ・イ」表情に見えてしまうのが作品の面白さ。 棒立ちではないとは思いますが、後方のギャラリーが誰一人こちらを向いていないのも「寂しさ」を強く表現しています。



佳作

「新しい足音」 ウォーターズ めぐみ(英国ロンドン)

 

「渦状銀河」 篠崎 富秀 (京都府)

「いい女だねー」 長野間 宏(茨城県)

 

「庭先の春」 露木 義光(静岡県)

「回想の春」 石塚 正彰(埼玉県)

 

「威嚇」 松重 寿機(兵庫県)

「桜色」 多田 裕(大阪府)

 

「大観衆でヒートアップ」 泉 雅夫(大阪府)

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る