日報連 > ネット支部 > 2019年3月度月例写真(個人会員)

2019年3月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「望郷の道」
長野間 宏(茨城県)

【評】まるで映画の1シーンを見ているようです。シルエットですが、木製の橋と推測できます。男性がズボンに手を入れ、カッコイイ帽子を被っていたので、見事な「作品」になりましたね。湖面をもっと大きく入れ込んだら、更にインパクトの強い作品になったはずです。


 
銀 賞

「クライマックス!」
大野 初江(千葉県)

【評】大きく、重いオートバイの前輪を軽々持ち上げる曲芸に、集まった観客たちも「目が点」です。それも、バイクを操るのが女性ですから驚きですよね。左のバイクも女性ライダーかと想像してしまいますね(失礼)。


 
銅 賞

「記憶」
石塚 正彰(埼玉県)

【評】雨に道路も濡れ白く、歩く女性も手前にある白い壁の影に隠れる瞬間なのでしょうか。単色の世界だけに、淡いピンクの傘だけが目立ちます。マスク姿でなければ、もっとポエジーな世界を感じたかもしれませんね。



佳作

「飛翔する人」 ウォーターズ めぐみ(英国ロンドン)

 

「イーグルアタック」 小林 千賀子(米国オレゴン州)

「駅守人」 平井 隆夫(大阪府)

 

「やすらぎのとき」 多田 裕(大阪府)

「乾坤一擲」 綾目 義一(山口県)

 

「青空に舞う大鷲」 松重 寿機(兵庫県)

「どんと焼を支える」 藤原 信明(大阪府)

 

「早春なのに…」 露木 義光(静岡県)

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る