日報連 > ネット支部 > 2018年7月度月例写真(個人会員)

2018年7月度月例写真(個人会員)

講評: 東日本本部事務局長 関口 純

 
金 賞

「自立特訓中・獲れたよ」
佐藤 政明(神奈川県)

【評】カワセミの飛翔のフォルムも美しく、ハスの花との組み合わせが意外で引かれます。 ハスの緑一色の中で、カワセミと花の原色が一層目立ちます。 カワセミワは幼鳥で、よく見ると口先に獲物があります。タイトルにも納得。


 
銀 賞

「いつか来た道」
石塚 正彰(埼玉県)

【評】真夏を表現するため露出をアンダーにした作者の意図が、見事に「ザ・夏」を感じますね。 真っ黄色の花と真夏の雲が印象的です。 道行く人も、日傘で歩く女性だったら、もっと作品が強くなったかもしれませんね・・・。


 
銅 賞

「イクメンパパ」
小林 千賀子(米オレゴン州)

【評】子育て中のハシボソキツツキのつがい。餌を探しに巣から飛び立つのがオス。 枝に止まったメスが一見優雅な姿に見えなくもありませんが、小さくとも鋭い眼光です。 辺りを警戒しているのでしょう。 頑張れパパ、ママ。



佳作

「土俵入り」 大野 初枝(千葉県)

 

「ローカル線」 露木 義光(静岡県)

「奉納手筒花火」 中谷 義彦(大阪府)

 

「水分補給」 多田 裕(大阪府)

「レトロの中のモダン」 藤原 信明(大阪府)

 

「楽しい水遊び」 松重 寿機(兵庫県)

「何をお願いしようかな?」 綾目 義一(山口県)

 

「カモメの仔」ウオーターズ めぐみ(英国ロンドン)

「え?!」 杉本 芳邦(愛知県)

 
 

 

 

 

 
 

 


 
(敬称略)

<< 戻る