日報連 > ネット支部 > 2014年1月度月例写真

2014年1月度月例写真


■ 2 位

前の作品 << >> 次の作品



「ごちそうさま」 山ア 誠一 さん  (個人)

【評】エサが少ない冬を越すために生き物たちも必死だ。そういう意味で正月飾りの稲穂は格好のエサ場だった。元日の朝、スズメの鳴き声がやけに響くので外を見ると、隣家の玄関先に集合していたという。ご近所でもちゃんとネーチャー写真は撮れるのだ。(内林克行)


<< 戻る