日報連 > ネット支部 > ネット支部 10月例会

2012年10月度月例写真

【総評】ネット支部は「撮って楽しい、撮られて楽しい、見て楽しい」をモットーに運営をしております。世の中には楽しいことばかりではなく深刻な事態もあります。このことに目をつむって知らぬ顔もできない。積極的に打開しなければならないこともあると思います。カメラをもってそれら深刻な事態に立ち向かうことは対象に対してかなり踏み込んで写すことにもなるし撮影者の良心、誠意が問われることにもなる。写真を撮る自分を意識して撮影することもなかなかないかと思いますがなぜ自分は写真を撮るのかあらためて問うてみることもときに必要かと思います。今年もあと2回の月例会になりました。年度賞も見えてきたかもしれませんが最後までがんばってください。
(日報連本部理事 滝 雄一)
 
■1位 ■2位 ■3位 ■4位 ■5位
「くしゃみ出るかな」 「重量オーバーです」 「お疲れさん」 「危機一髪」 「孫達との交流会」
田中耕さん 益田一夫さん 山口一明さん 角南鎮郎さん 澤野正孟さん
(しらこばと) (黒磯) (伊勢) (個人) (都写研)


■6位 ■7位 ■8位 ■9位 ■10位
「星空の美星天文台」 「今日は・・・」 「和の輪」 「思惑はずれ」 「興味深々デモ!!」
石井敦さん 山崎誠一さん 橋功さん 藤原信明さん 永宗勇次さん
(高梁) (個人) (個人) (個人) (神奈川デジ研)
■入選 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
「光を待って」 高橋浩幸 (新庄)
「さあ登ろう!」 五十嵐敏彦 (長岡)
「こんな場所ですが、会費を。」 雨宮美保子 (むさし)
「鎮座まします」 坂本憲彦 (むさし)
「お馴染みさん」 田村しづ江 (むさし)
「小学校でも『よさこい』」 岩橋 進 (むさし)
「朝の光」 古屋勝敏 (むさし)
「おいでやす」 谷一市 (むさし)
「集落を望む」 千田完治 (羽生四季彩)
「シャッターチャンス」 大城喜春 (埼玉)
「見上げる感動」 大野伸二 (埼玉)
「東葛路を駆ける」 大野初江 (野田)
「楽しかったねー♪」 フェスラー千酉 (神奈川デジ研)
「後光差す瞬間」 南 邦夫 (姫路)
「物思う秋」 岡原正尚 (奈良)
「大波小波」 中村敏夫 (熊本)
「優勝するぞー!」 小山賢吉 (熊本)
「大きな太鼓に負けないよ」 渡邊光雄 (個人)
「魚いらんかねー」 荻島泰裕 (個人)
「メークにご満悦」 池田友好 (個人)
「傑作を狙って」 中川昇三 (個人)
「はりきる子供旗手」 木村幸雄 (個人)
「天を仰いで」 野見山ミチ子 (個人)
「神技!?」 杉本礼文 (個人)
「まっててよー」 柴田磐夫 (個人)
「光を浴びて」 仲沢景子 (個人)
「秋の夜」 日台三男 (個人)
敬称略

                          
<< 戻る