日報連 > ネット支部 > ネット支部 月例会

2012年8月度月例写真

【総評】毎日写真コンテストの募集が始まっている。デジタル写真での応募も年々多くなってあえてデジタル写真などといわなくてもいいくらい当たり前になっている。フィルムであろうとデジタルであろうと写真の本質は変わっていないことを伝統ある毎日写真コンテストはもとめている。つまり「時代を切り撮る映像」だ。写真はそこに定着された映像を人からひとに伝えてゆく手段だ。そこに誤解を招いたりする要素は排除されなければならない。ドキュメントには写されている映像が事実であることの信用が絶対に必要である。ところがデジタル写真には加工合成が容易にできてしまうということで事実なのか疑いの目ももって審査に当たらなければならないという不幸な時代にもなっている。ネット社会でも同様の問題があり真贋が入り混じった情報のなかから求める情報を取捨選択する目がもとめられてくる。私らデジタル弱者には住みにくい世の中になったものだ。
(日報連本部理事 滝 雄一)
 
■1位 ■2位 ■3位 ■4位 ■5位
「エコなおじさん」 「雨上がり」 「夏祭り」 「あーつーいー」 「夏のおもいで」
杉本礼文さん 益田一夫さん 古屋勝敏さん 清澤優一さん フェスラー千酉さん
(個人) (黒磯) (むさし) (松本) (神奈川デジ研)


■6位 ■7位 ■8位 ■9位 ■10位
「まんが絵ぶた」 「お出迎え」 「立てるかな?」 「猛暑に負けるな」 「親子の絆」
石井 敦さん 橋 功さん 小山賢吉さん 大野伸二さん 柴田磐夫さん
(高梁) (個人) (熊本) (埼玉) (個人)
■入選 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
「春を待つ」 高橋浩幸 (新庄)
「おかあさん濡れちゃうよ」 五十嵐敏彦 (長岡)
「もう、猛暑も容器も限界だ」 雨宮美保子 (むさし)
「手もすくむ」 坂本憲彦 (むさし)
「のるか!反るか!」 田村しづ江 (むさし)
「熱演」 谷 一市 (むさし)
「大人って無邪気」 栃木明子 (むさし)
「百年、惜しまれて…」 岩橋 進 (むさし)
「職人技」 千田完治 (羽生)
「ナイスキャッチ」 田中 耕 (しらこばと)
「初めてのベーゴマ」 大城喜春 (埼玉)
「あ!タコの帽子だァ」 大野初江 (野田)
「ボス」 澤野正孟 (都写研)
「陸前高田の語りべ!!」 永宗勇次 (神奈川デジ研)
「暑さに負けず」 山口一明 (伊勢)
「若杉ざんざか踊り」 南 邦夫 (姫路)
「路地」 岡 和男 (尼崎)
「二つのソフトクリーム」 岡原正尚 (奈良)
「ボクのハ」 中村敏夫 (熊本)
「危険が一杯」 藤原信明 (個人)
「痛くないよ」 渡邊光雄 (個人)
「熱演で肩も軽くなった」 荻島泰裕 (個人)
「大凧合戦負けるもんか」 池田友好 (個人)
「落ちたら大変」 中川昇三 (個人)
「空港建設現場」 岩松 守 (個人)
「飛んで跳ねて」 角南鎮郎 (個人)
「夏休み」 泉屋ゆり子 (個人)
「熱さに負けずに」 日台三男 (個人)
「似ている…」 山崎誠一 (個人)
「夢を奏でる」 木村幸雄 (個人)
「彩り」 泉 雅夫 (個人)
「やぁ〜」 仲沢景子 (個人)
敬称略

                          
<< 戻る