日報連 > ネット支部 > ネット支部 月例会

2011年3月度月例写真

【総評】戦後最大の自然災害が起きてしまった。東日本大震災は日本、世界のひとびとに大変なショックをあたえた。そして頑張ろう、立ち上がろうとするひとびとにまだまだ試練を課している。あまりのショックの大きさに呆然してしまった方も多かったのだろう。今月のネット支部への応募もいつもより少なめであった。避難所に張られた手書きの行方をさがす紙をそのままカメラにとってネットに流したことで安否確認ができたなどこのたびの震災でもネットは情報の伝達に有効だった。ネット時代を再認識させられた感もあったが逆にSOSの叫びが伝わらないもどかしさも感じられた。被災された方にはお見舞い申し上げるとともに亡くなったかたのご冥福を心より祈りたいと思います。
また日報連では毎日新聞社会事業団への救援金のお願いをしております。
〒100−8051 東京都千代田区一ツ橋1の1の1、毎日新聞東京社会事業団「東日本大震災救援金」係(郵便振替00120・0・76498)
(日報連本部理事 滝 雄一)
 
■1位 ■2位 ■3位 ■4位 ■5位
「おぉかわいい」 「ペンギンさん」 「花から花へ」 「群がる手」 「いつもの友達」
益田一夫さん 柴田磐夫さん 野見山ミチ子さん 岡原正尚さん 角南鎮郎さん
(黒磯) (個人) (個人) (奈良) (個人)


■6位 ■7位 ■8位 ■9位 ■10位
「いつもと視界が違うよ」 「興味津々」 「鎮魂の十字架」 「食べちゃうぞ」 「夕日の中」
渡邊光雄さん 高橋浩幸さん 藤原信明さん 橋上裕さん 坂本憲彦さん
(個人) (新庄) (個人) (伊勢) (石岡)
■入選 
                       
「シェードの魅惑」 池田友好 (柳都)
「春到来」 風間 正也 (長岡)
「希望の灯」 五十嵐 敏彦 (長岡)
「妙技」 千田 完治 (羽生)
「少年」 能城 弘行 (しらこばと)
「のびちゃった」 田中 耕 (しらこばと)
「木犬」 小宮 一元 (しらこばと)
「oh!ワンダフル」 大城 喜春 (埼玉)
「うれしいランドセル」 加藤 清市 (千葉)
「ガソリン売り切れ!」 大野 初江 (野田)
「不安」 奥山 佐具子 (都写研)
「とどけ愛」 澤野 正孟 (都写研)
「釣り人」 岩出 靖彦 (青梅)
「多忙なり」 片岡 仁 (鈴鹿)
「原爆の足跡」 太田 壽 (北勢)
「いたわり」 岡村 廣治 (伊勢)
「一人でのぼれるよ」 山口 一明 (伊勢)
「たんぽぽ見っけた〜!!」 中野 一雄 (滋賀)
「絶景に挑む」 石井 敦 (高梁)
「願いよとどけ」 中村 敏夫 (熊本)
「豊前夢街道の屋台」 小山 賢吉 (熊本)
「春に集う」 若松 澄子 (個人)
「竹灯り」 上床 一幸 (個人)
「捕食」 泉 雅夫 (個人)
「激漕」 小笹 清巳 (個人)
「行くよーほっ」 荻島 泰裕 (個人)
「春雪の絆」 山崎 誠一 (個人)
「はだかの騎馬戦」 中川 昇三 (個人)
「頭が良くなれ」 石井 繁信 (個人)
敬称略

                          
<< 戻る