日報連 > ネット支部 > ネット支部 月例会

2010年4月度月例写真

 【総評】GW真っ最中です。今月の応募作品のなかで一枚の写真に考えさせられた。自転車に赤ちゃんをおぶって小さな子を4人、自分をいれて5人乗りしているお母さんが歩道で信号待ちをしている。最近、育児中の母親には特別仕様の自転車で3人乗りがようやく許可された。そんなときに5人も乗っていることにびっくりしてしまった。当然写真は面白い。東南アジアであればよく目にするような光景ではあるが日本の都会のど真ん中となるとまず目にすることはないだろう。月例の上位にしようと考えた。しかし写っている事実は法にふれている可能性が高い。その場合ネットで公開されることは写っている親子も望まないだろうしどうコメントしてみても写っている事実は変えられない。このネット支部は撮って楽しい、見て楽しい、そして撮られて楽しいをモットーにしています。ネットがますます人々のコミュニケーションツールになる時代、ネットを管理するものの責任も大きくなっていると思います。今回はそのような理由からその作品を採用いたしませんでした。
(日報連本部理事 滝 雄一)
 
■1位 ■2位 ■3位 ■4位 ■5位
「黄砂の夕日」 「花よりゲーム」 「我慢の子」 「桜と水車」 「おあずけ」
山ア 誠一さん 田中 耕さん 池田 友好さん 石井 敦さん 中村 敏夫さん
(個人) (しらこばと) (柳都) (高梁) (熊本)


■6位 ■7位 ■8位 ■9位 ■10位
「けんか祭り」 「桜花爛漫」 「産卵」 「煌きの交差点」 「忍者町に溢れる」
五十嵐 敏彦さん 山口 一明さん 辻 春代さん 大野 初江さん 片岡 仁さん
(長岡) (伊勢) (北勢) (野田) (鈴鹿)
■入選 
           
「祭りの日 高田 毅 (原町)
「雪に埋もれた桜」 日台 三男 (福島)
「旅の写真撮影」 大野 忠 (柳都)
「あつあつ夫婦 風間 正也 (長岡)
「まつりの日」 大竹 俊夫 (長岡)
「旧道の春」 益田 一夫 (黒磯)
「合図」 大野 伸二 (埼玉)
「巡り」 千田 完治 (羽生)
「昼下り」 小宮 一元 (しらこばと)
「重い別れ」 奥山 佐具子 (都写研)
「上演終えて」 澤野 正孟 (都写研)
「小さな歯医者さん」 駒木 英智 (大和)
「先行き?」 藤田 春義 (大和)
「親子」 根岸 邦江 (神奈川デジ)
「砂浜の風景」 永宗 勇次 (神奈川デジ)
「供揃い」 今福 啓治 (海老名)
「チャレンジ」 太田 寿 (北勢)
「ないしょにしてね」 岡村 廣治 (伊勢)
「ドライブタイム」 橋上 裕 (伊勢)
「コン!」 岡 和男 (尼崎)
「北アルプスの朝焼け」 石塚 範生 (奈良)
「花冷え」 岡原 正尚 (奈良)
「エイヤー!!」 秋田 一俊 (鳥取)
「私は負けない」 小山 賢吉 (熊本)
「陶器市の狸達」 君塚 敬太 (個人)
「春の雨」 石井 繁信 (個人)
「ゴール付近」 小笹 清巳 (個人)
「デジカメで確認」 荻島 泰裕 (個人)
「さよなら歌舞伎座」 柴田 磐夫 (個人)
「コイのぼり」 田中 茂子 (個人)
「かわいい視線」 中川 昇三 (個人)
「ぼくより大きいサンマさんだ」 舛井 弘彰 (個人)
「焼きいも買って〜」 柴田 正 (個人)
「ハマちゃ〜ん」 藤原 信明 (個人)
「人形供養」 星野 幸一 (個人)
一番駈け」 上床 一幸 (個人)
「・・・火もまた涼し」 渡邊 光雄 (個人)
友達」 下農 昭夫 (個人)
「フキの葉に乗って」 若松 澄子 (個人)
「僕はいいよ」 岩井 紘宇 (個人)
敬称略

                          
<< 戻る