日報連 > ネット支部 > ネット支部 月例会
日報連

ネット支部 2008年7月度月例会

総評 暑い中、たくさんの作品を応募していただきありがとうございます。今月は面白い作品が多くてベスト10を選ぶのに苦慮した。ネット支部はテーマ自由だが写真のジャンルを幅広く応募していただきたいと考えています。スナップ、風景、ネーチャー、スポーツ…。課題のある日報連ベスト10コンクールのほうはすでに既報(7月21日毎日新聞)のように今年は終わったがネット支部は毎月ベスト10が続くのでみなさんがんばってください。(日報連事務局長 滝雄一)
■1位 「メルヘン」 橋上 裕 (伊勢)
 水中の生き物ってへんな格好をしたものが多い。それで生きのびてきたのだからそれはそれで利にかなっているのでしょうが。エイの腹側はこんな“とぼけ顔”になってしまうとは。つい「おーい、ヒトデ君、ボクと遊ばないかー」と聞こえてしまった。海にもぐらなくても水族館にはいい被写体がたくさんいる、それをうまく“料理”するのも楽しいですね。
■2位 「マイッタ〜」 山崎 誠一 (個人)
 あまりの暑さに水鉄砲で遊びだしたこどもたち。水をかけられないように逃げ回る動きのある写真になった。露地で動きまわって遊ぶこどもたちを見ると昔ながらの風景を思い出しちょっと安心する。ただ車には気をつけてもらいたい。 

■3位 「暑さもひと息」 小宮 一元 (しらこばと)
 今年の夏は7月から暑い日が多くてまいってしまった人も多かったのでは?そんな7月27日に首都圏では激しい雷雨にみまわれた。そのおかげでちょっぴり過ごしやすくなったのがこの題名になった。激しい雷であったことがよくわかる作品だ。
4位 「一撃」 河野 美乃 (荒尾)
 いつもながら見事なキャッチだ。これはサギにも作者にも言えること。食われてしまった魚だけがお気の毒であった。最近はサギと作者の距離も縮まったようでますますアップになってきた。普段なら逆光のきらめきは画面効果があるものだが今回は作品を見づらくしてしまったようでちょっと残念だった。

■5位 「ガブッ!」 叶 勝則 (個人)
 獅子舞にかまれると“ご利益”があるといわれても、こんなに大きな口をあけて迫られたら子供だったら泣き出しているところだ。まして車いすでは逃げることもできない。戸惑いの車いすの女性と周りの人々の笑いの表情がいいタイミングでとらえられている。
■6位 「夏色」 早川 昭雄 (長岡)
 この雄大な景色はあの北海道富良野のファーム富田の「彩りの畑」。あまりに有名になり過ぎて多くのカメラマンが撮影に訪れる。そんな気配を感じさせないように撮ったようだ。毎年植えられる花の場所が違うそうで2008年の夏色ということだ。
■7位 「ギャル」 田中 茂子 (個人)
  女子高校生たち、七夕の日のイベント帰りで、道理で皆気分がのっている。「はしが落ちてもおかしい」といわれる青春まっただ中の年ごろだ。最近はギャルなどと呼ばれたりしてその行為に目をむく向きもあったりするのだけれど、このくったくのない笑顔とピースサインにはどこか安堵する、おじさんは。
■8位 「主役はボク」 中村 敏夫 (熊本)
 ついにここまできたか、と思ってしまう。茅の輪くぐりは厄除け、長寿などを願う行事だが、ペットの世界にまできてしまった。家族同然、服を着せ、エステに通い、ストレス解消におきゅうまでさせてきたのだから…。なげくことはない、おかげ様で面白い写真を撮らせてもらった。
■9位 「トライアスロン_Swim」 小笹 清巳 (個人)
 トライアスロン競技は鉄人レースといわれるほど水泳、自転車、競走とまるで違う競技のトータルで競う。最初の水泳でもゴール近くになるとかなり差がついている。俯瞰のアングルがその差を面白く見せている。
■10位 「暑いから冷やしてあげるね」 赤羽 真由美 (松本)
 彫刻される前の氷柱を見つけた女の子たちが遊びだした。持っていた風船も暑いだろうと氷につけてあげた。そんな女の子らしい可愛いしぐさに惹かれたということだ。氷の透明の部分がもう少しあれば向こうの女の子の表情がみえただろうに残念だった。

■入選 
「雨あがり」 日台 三男 (福島)
「さあ頑張って」 太田 誠二 (柳都)
「不思議な玉」  大野 忠 (柳都)
「どっち向いて拍手」 池田 友好 (柳都)
「こさぎ」 田中 耕 (しらこばと)
「私の愛車にお乗り下さい」 柳 榮一 (埼玉)
「屋根より高い布袋さん」 大城 伴子 (埼玉)
「名刺代り」 千田 完治 (羽生)
「雨の中で」 澤野 正孟 (都写研)
「商魂」 本多 喬 (都写研)
「四方山話」 鈴木 敏雄 (都写研)
「美人」 三好 蓉子 (都写研)
「謁見を賜る」 奥山 佐具子 (都写研)
「きずな」 三森 總一 (都写研)
「暑い日」 加藤 清市 (千葉)
「おいしいョ」 大野 初江 (野田)
「ちょっとまって」 鈴木 安広 (神奈川デジ研)
「月島」 藤田 春義 (大和)
「我先に」 清澤 優一 (松本)
「落暉の街」 宇留賀 章 (松本)
「2008m山頂」 三羽 孝弘 (いなべ)
「相棒」 岡 和男 (尼崎)
「落日」 石塚 範生 (MPC)
「滝すべり」 馬渡 和視 (小倉みなみ)
「ボクのお願いきいて!きっとだよ!」 安田 早利 (個人)
「現代版浦島太郎」 若松 澄子 (個人)
「木陰」 岩出 靖彦 (個人)
「熱中」 斉藤 安夫 (個人)
「挑戦」 田中 浩 (個人)
「ソイヤ、ソイヤ」 渡邊 光雄 (個人)
「僕も楽隊の一員だ」 石井 繁信 (個人)
「出番」 蜂谷 直子 (個人)

                          
<< 戻る
ページの先頭へ