日報連 > ネット支部 > ネット支部 月例会
日報連

ネット支部 2007年1月度月例会

ネット支部 月例会
[2007年1月度月例会 総評]
いよいよネット支部の最初の月例会を開催する。始めての月例に多くの作品が集まったのはうれしかった。また作品のレベルも高く今後を大いに期待しています。さてメールに写真を添付して応募ということが理解できたかどうか心配だったがほとんどの人は一発でOKだった。だがなかには1MBくらいのJPEG形式でということが理解できずに苦労されたようだ。ネットで鑑賞するには十分でありかつやり取りするのに適当なデータ量ということでお願いをしました。これからもよろしくお願いいたします。
(日本報道写真連盟 事務局長 滝雄一)

■1位 「接戦」 馬渡 和視 (小倉みなみ)
駅伝大会、ゴール前でデットヒートを演ずるランナーたち。相手より少しでも前にと必死に手を振り足をだしてテープを切ろうとしている。その最後の戦いぶりを流し撮りでスピード感を出し、必死の形相をうまく止って撮っている。流し撮りの手本のように決まっているが、惜しむらくはゴールのテープを切る瞬間でこの表現ができていればと思う。
■2位 「こんにちは」 石井 繁信 (個人)
サンバコスチュームで子供に愛嬌を振舞うのは色気たっぷりの美女というよりママの顔になっている。と思えるのは男性たちの目を楽しませてくれているときとあまりに違う状況だから。サンバカーニバルの合間に見えたほのぼのシーンだ。
■3位 「舞い降りる」 中野 一雄 (滋賀)
あまりに有名になりすぎた琵琶湖知内浜の白さぎ、多くのカメラマンがその雄姿を撮影に集まっているそうだ。とまり木がわかっていてもシャッターチャンスは難しい。ちょうど2羽がとまろうとする絶妙なタイミングでとらえている。
4位 「何かいるかな?」 鈴木 敏雄 (都写研)
子供の集中力はすごい。公園のベンチの下にきっとおもしろいものを見つけたのでしょう。のぞき込む姿が可愛らしい。それは赤やピンクの服装や帽子からも感じるがちょっとはみでた背中に夢中な様子がよく表われている。
■5位 「土手を行く」 大野 初江 (野田)
夕焼けこやけの童謡が聞こえてきそうな情景だ。犬の散歩で土手を歩く母子。夕焼けの空にシルエットで浮かび上がっている。雲に夕焼けが映り画面全体の変化に効果的だった。こんな日の犬の散歩があったとこの家族には焼き付いて残るだろう。
■6位 「従妹同士」 若松 澄子 (個人)
携帯電話で記念写真、よくある風景じゃないか。だがこの子たちは母の実家で久しぶりに会った従妹どうしと聞くとその喜びも共感できる。生活感のあるせんたくものやさしい目で見守っているお母さんがいることで温かい写真になった。
■7位 「神は同心円模様から描きはじめた。が・・・」 岩井 紘宇 (都写研)
私のお尻をなんだと思っているの!失礼ね。好きこのんでこんな縞模様つけているわけではありません。「神は同心円模様から描きはじめた」ですって勝手にあなたがそうおっしゃるのならまあいいですけどあまり近づき過ぎますとけっ飛ばしますわよ。

■8位 「フラミンゴ満開」 奥山 佐具子 (都写研)
細い足で立つフラミンゴはそれだけでも不安定に見えるが水面に映るフラミンゴは本当に揺らいでしまった。水面に映った揺らぐ水面だけを切り撮り、おや?何だこれはと思わせる効果があった。
■9位 「吹雪の成人式」 松下 幸男 (松本)
吹雪に見舞われた成人式。撮影技術が未熟で手ぶれを起こしているのではありません。吹雪をみせるにはカメラを少しぶらした方が効果的だと計算したのですよね。証拠に成人男性はぴたっと止っています。近頃の荒れる成人式などではなく本当に天候が荒れたのですね。
■10位 「山越えのマウンテンバイク」 田中 健治 (アングル会)
なにが楽しくて自転車をかついで山登りしているのでしょう。山を自転車で下る、ただその喜びのためだけに何時間もかけて上っているのかしら、ご苦労さまです。
■入選 
「いろりを囲んで」     日台 三男 (福島)
「食事タイム」        千田 完治 (羽生)
「さようなら氷川丸」   本多 喬 (都写研)
「氷柱」           三羽 孝弘 (いなべ)
「ちょっとそこまで」   三好 蓉子(都写研)
「燃える木々」      鈴木 安広 (個人)
「雪の夜」         三沢 枝美子(松本)
「成人の記念」      八田 康広 (松本)
「初舞い」         池田 友好 (柳都)
「吹雪の朝」       村田 正幸 (松本)
「どんどんやき?」    藤田 おとゑ (大和)
「河津桜」         藤田 春義 (大和)
「街角の視線」      宇留賀 章 (松本)
「鎮魂の太鼓 」      野口 佳奈 (船橋)
「記録的大雪?」    大野 忠 (柳都)
「初日の出」       関根 元治 (羽生)
「夕景」          大城 喜春 (埼玉)
「冬の訪問者」      小宮 一元 (しらこばと)
「お父さんの自由時間」石山 正倫 (松本)

<< 戻る
ページの先頭へ