日報連 > コンテスト > 2018年毎日写真コンテスト

2018年毎日写真コンテスト

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞・ドキュメント大賞・ネーチャー大賞 単写真部門 組写真部門 ファミリー部門
高校生部門 中学生部門 小学生部門


 「2018年毎日写真コンテスト」の審査が行われ入賞、入選作品が決まった。
 今年は単写真と組み写真の2部門合わせて1132点、ファミリー部門に317点、学生部門は高校生877点、中学生177点、小学生67点で総数2570点の応募があり、内閣総理大臣賞には奈良県王寺町の石津武史さん、文部科学大臣賞には神奈川県藤沢市の高橋可成さん、ドキュメント大賞には東京都世田谷区の下山田昌子さん、ネーチャー大賞には兵庫県西宮市の広瀬元也さんが輝いた。
 審査は写真家の田沼武能、中谷吉隆、長倉洋海の3氏と毎日新聞社が行った。
 表彰式は来年1月26日(土)、東京・竹橋の毎日ホールで行われる。
 なお優秀作品展も富士フイルムフォトサロン東京(1月25〜31日)と、同フォトサロン 大阪(2月22〜28日)で開催。入場無料。

 
■主催 毎日新聞社・日本報道写真連盟
■後援 文化庁
■特別協賛 東日本旅客鉄道株式会社
■協賛 株式会社ニコンイメージングジャパン、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社、
エプソン販売株式会社
 
 
   
審査をする(左から)平田明浩写真映像報道部長、写真家の中谷吉隆氏、田沼武能氏、長倉洋海氏と関口純日報連事務局長
=毎日新聞東京本社の毎日ホールで (撮影・潮田正三)

 

【総 評】
 全国から集まった2500点を超える作品の中から「内閣総理大臣賞」に選ばれたのは石津武史さんの「茜色のローカル線」。この作品には、「いまの時代、私たちはどこへ向かうのか」という切なる思いが反映されているように思えた。私たちが過去に置いてきたものは何なのか。写真で問い返すような作品に、審査員全員が高い評価を与えた。文部科学大臣賞は高橋可成さんの「雨の日も楽しい」。鼻を押し付け、「そっちの顔も変に見えるよ」とでもいうような表情。審査員からも笑みがこぼれた。
 ドキュメント大賞は、下山田昌子さんの「ありがとう そして さようなら 築地市場」。惜しまれながら移転する市場で使われていた道具を通して、惜別の念を込めた。ネイチャー大賞には広瀬元也さんの「ドルフィン・スクランブル」。吸い込まれるような青の美しさと構図が見事だった。毎日新聞社賞は三浦秀貴さんの「泳げ」。ぽっかりと雲が浮かんだ空の元、鯉のぼりを手に生命力いっぱいに駆ける少女の躍動感が素晴らしかった。
 日本報道写真連盟賞は福田康幸さんの「里神楽」。神聖な神楽を光と影で巧みに写した力作だった。そして、ファミリー部門「JR東日本賞」には、宮村美紀さんの「後ろに向けてピース」。沖縄で撮られたものだが、南国らしい空と海、そして旅する人の三者印象的な構図で切り取られている。小学生部門優秀賞は、服部峯広さんの「いくつもの世界」。球面の置物に映る光景に驚いた感じがよく伝わってくる。中学生部門優秀賞は大西優夏さんの「想い」。思いが成就するのか通じないのか口元を抑えた様子が魅力的だ。高校生部門優秀賞は白井知基さんの「恥ずかしがり屋」。学生服をかぶった様子が青春時代特有の気後れと恥ずかしさを表しているようだ。
 どの応募作品も、表情の一瞬を捉え、「いま」と言う時代を感じさせてくれた。今年の特徴として組写真にいい作品が多かったのは、「いまの時代」を一枚で描くことの難しさを象徴しているのではないだろうか。しかし、これからも写真は撮られていく。それに意義があるなら、事象にさまざまな光を当て、社会や人間の多様性を描いていくことから、「時代や人」を照射することができるからに違いない。

 
(写真家・長倉洋海)
 

  ★ 内閣総理大臣賞 「茜色のローカル線」 石津武史 (奈良県王寺町)
  ★ 文部科学大臣賞 「雨の日も楽しい」 高橋可成 (神奈川県藤沢市)
  ★ ドキュメント大賞 「ありがとう そして さようなら 築地市場」 下山田昌子 (東京都世田谷区)
  ★ ネーチャー大賞 「ドルフィン・スクランブル」 広瀬元也 (兵庫県西宮市)
    → 作品一覧  
(敬称略)

単写真部門  → 作品一覧

毎日新聞社賞 「泳げ!」 三浦秀貴 (山口県下松市)
優秀賞 「私を見て!」清田章二(茨城県筑西市)
「秋を満喫」松岡洋子(北九州市)
「学び舎」増田哲子(福岡県春日市)
入選 「記念写真」太田 晃(茨城県石岡市)  「川床ミーティング」田口正夫(群馬県館林市)  「冬の漁港」矢野文夫(群馬県太田市)  「夕闇」大野新一(埼玉県富士見市)  「雪花火」大谷清孝(東京都日野市)  「眠れない坊っちゃん」村田恵一(川崎市)  「氷中花」柿沢良江(長野県松本市)  「楽しいな!!」河村三男(三重県四日市市)  「踊る影法師」片岡 仁(三重県四日市市)  「ツリークライミングは楽しいよ」白木勇治(京都府福知山市)  「霧立つ夜明け」古賀定弘(大阪府高槻市)  「干し蛸」岩城 治(大阪府枚方市)  「神輿が来た〜」大西幸司(大阪府寝屋川市)  「みんな何してるの?」平内幸雄(奈良市)  「家族で稲刈り」増田俊次(福岡県春日市)


組み写真部門  → 作品一覧

日本報道写真連盟賞 「里神楽」 福田康幸 (栃木県鹿沼市)
優秀賞 「前へ」増田将洋(新潟市)
「オールドラガー」塩見芳隆(京都市)
「大発見!」高橋一郎(大阪府枚方市)
入選 「平成横浜界隈」小畑一弘(岩手県一関市)  「7年振りの安波祭」川上源重(茨城県笠間市)  「思いに思う」山口ヒロナリ(茨城県小美玉市)  「銭湯ライブ」巻島芳明(群馬県太田市)  「ロープ」大門伝弘(千葉市)  「路地裏の世界」永宗勇次(千葉県市原市)  「師走の街」金井佳代子(東京都青梅市)  「里の秋」露木義光(静岡県沼津市)  「つわもの」伊藤久幸(名古屋市)  「セルフ祭り」有賀孝夫(大阪府枚方市)  「シートは千変万化」松田全弘(大阪府羽曳野市)  「琉球の風」小畑英三(和歌山市)  「震災7年(東日本)」龍田経子(和歌山市)  「村の記憶」平松正大(和歌山県有田川町)  「みんなで守るさなぶり」服部敏男(熊本県八代市)


ファミリー部門  → 作品一覧

JR東日本賞 「後ろに向けてピース」 宮村美紀 (東京都千代田区)
優秀賞 「一緒に朝ごはん」忽那博史(さいたま市)
「海中旅行」鈴木 明(静岡市)
「目標達成」辻 義則(三重県四日市市)
入選 「試運転」栗原詩織(北海道旭川市)  「神々と子どもたち」神沼尚子(仙台市)  「旅は最高よ〜」丸沢博子(埼玉県所沢市)  「トーマスとトロッコ列車」黒須雪美(千葉県木更津市)  「初めてのお友達と」菊永悠妃(西東京市)  「海の思い出」福井由香里(東京都町田市) 「ハートな美人」上原正行(東京都東村山市)  「父子旅の夕日」長谷田悠人(浜松市)  「ブロッケン現象」山田 大(愛知県清須市)  「夏の水平線」吉田裕二(津市)  「ありがとう」長谷川悟(滋賀県栗東市)  「長旅のあと」中西裕子(滋賀県日野町)  「あこがれの京都旅行!」河野 実(京都府亀岡市)  「扉を開けると…」中井美和子(大阪市)  「親子二人旅in沖縄」松浦野江美(大阪市)  「冬の砂丘」高橋秀治(神戸市)  「月までジャンプ」鈴木文代(和歌山県串本町)  「至近距離!」坂本祐子(和歌山県有田川町)  「旅の思い出に」山口雅之(岡山県赤磐市)  「世界遺産より旅の探検」水流好美(鹿児島県日置市)


高校生部門  → 作品一覧

優秀賞 「恥ずかしがり屋」 白井知基 (愛知県立小牧南高1年)
入選 「JUMP」小林春菜(仙台市立仙台工高2年)  「空中遊戯」小野詩乃(東京・共立女子高2年)  「ロックオン」稲冨 樹(岐阜県関市立関商工高1年)  「光れ」藤原夢乃(大阪・帝塚山学院高2年)  「一時の寝春」唐渡祐汰(香川県立坂出商高3年)  「好奇心」藤大弓実花(香川県立坂出商高3年)  「ポーズ」下條俊哉(国立北九州高専1年)  「My Dream」高浜礼実(熊本・八代白百合学園高2年)  「伝承」坂田葵寿弥(熊本・八代白百合学園高1年)  「Languidness」松永夏奈(熊本・八代白百合学園高1年)


中学生部門  → 作品一覧

優秀賞 「想い」 大西優夏 (兵庫・雲雀丘学園中1年)
入選 「準備体操」本間 響(福島・会津若松ザベリオ学園中2年)  「コマさんとカマキリ」沢本武弥(東京都墨田区立寺島中2年)  「日常」高橋 諒(東京都立両国高付属中3年)  「夏休み」中村暁斗(東京都立両国高付属中3年)  「残暑」井田明音(東京都三鷹市立第五中2年)  「捕れなかった〜!」加藤春樹(静岡・加藤学園暁秀中1年)  「変なポーズ」鮫島未和(名古屋市立上社中2年)  「思い出は手のなかに」高萩涼音(大阪・帝塚山学院中3年)  「青世界」永山百萌(大阪・帝塚山学院中1年)  「どや」鍔本昌志(兵庫・雲雀丘学園中2年) 


小学生部門  → 作品一覧

優秀賞 「いくつもの世界」 服部峯広 (新潟県十日町市立西小6年)
入選 「金魚玉」上野莉央(栃木県日光市立今市第三小4年)  「かげくんとかげちゃん」馬場ひかり(埼玉県上尾市立大石小1年)  「母さんも写ってる!」近藤菫麗(東京都世田谷区立京西小4年)  「安らぎのトキ」小野翔太郎(川崎市立久本小5年)  「あおむしあかちゃん」小野真次郎(川崎市立久本小1年)  「お姉ちゃん何とってんの?」鮫島大宙(名古屋市立上社小4年)  「楽しかった花火」藤本那南(京都市立松尾小2年)  「競争のゆくえ」橋本りつき(兵庫県西宮市立段上西小4年)  「かめはめは」白水音花(鳥取市立津ノ井小5年)  「静寂」吉住美音(愛媛県今治市立常盤小6年)

 
(敬称略)

<< 戻る