日報連 > コンテスト >2018年 冬の写真コンテスト 結果発表

2018年 冬の写真コンテスト 入賞・入選・佳作

第20回を迎えた「冬の写真コンテスト」には今年も、全国の会員から432点の単写真、組写真が寄せられた。3月下旬に東京本社で審査が行われ、入賞、入選、佳作の18点が決まった。  

 
金賞

「雪明り」
岡原正尚(奈良)


 
銀賞

「荒天の露天風呂」
来栖旬男(山口市・個人)


 
銅賞

「アフターファイブ」
金井佳代子(青梅市・個人)



入選

「一人の参拝者」水崎恒治(伊勢)

 

「はつらつ」村田芳男(亀山)

「今日も安穏」加藤武志(千葉)

 

「ファンタジックゲレンデ」大竹俊夫(長岡)

「大根と海〜三浦半島ぶらり歩き〜」泉屋ゆり子(大和)

 
 

 



佳作

「ワーイ楽しいな」長浦敏雄(佐世保)

 

「北帰行」福本良治(湘南)

「ハプニング」矢原楊子(野田)

 

「復興の祈り」大槻明生(南相馬)

「朝の散歩」佐々木浅雄(市川市・個人)

 

「氷柱彩る」岡村文夫(伊勢崎)

「急な買物」菊地久二(都写研)

 

「冬の会津を行く」河本眞一(写団すずしろ)

「福をもらいに」松本末子(門真市・個人)

 

「雪の埋もれるバス」荒木孝允(福知山)


 
(敬称略)

<< 戻る