日報連 > コンテスト >ベスト10コンクール

2012年 ベスト10コンクール  課題「笑い」

【総評】今年の課題は「笑い」。応募作は祭りやイベントで撮った笑顔が多数を占めました。中には動物や魚の「笑い顔」などユーモアのセンスが光る作品もありましたが、カメラ目線の記念写真も散見されました。
その中で上位に選ばれたのは、写真を見た人が思わず「ふっ」と笑ってしまうような作品でした。ストレートに笑顔を撮るのではなく、笑いを誘う日常の一瞬を切り取った写真が評価されました。
(東京本社写真部長・佐藤泰則)
■グランプリ ■2位 ■3位 ■4位 ■5位
「にらめっこ」 「ある日の街角」 「笑っていこうぜー」 「捕まえた」 「ねらっている男」
澤野正孟さん 本橋庄一郎さん 野呂千鶴さん 伊藤 清さん 西垣享子さん
(都写研支部) (大阪市・個人) (鳥羽市・個人) (池田市・個人) (船橋支部)


■6位 ■7位 ■8位 ■9位 ■10位
「楽しい作業」 「叱られ小僧ガンバレ!」 「うまい一服」 「遊」 「仲よし」
竹内孝江さん 鈴木敏雄さん 鈴木淑子さん 辻 春代さん 堀 美子さん
(やよい支部) (都写研支部) (西宮市・個人) (四日市市・個人) (久留米支部)
■入選 
           
「仲良し」 大槻 明生 (原町支部)
「復興の笑顔花火」 高田 毅 (原町支部)
「歓声」 植田 嘉夫 (玉里支部)
「苦笑」 川上 源重 (笠間市・個人)
「狸と競演」 鈴木 英一 (館林支部)
「爆笑バレーボール」 田口 正夫 (館林支部)
「笑い」 中山 健一 (館林支部)
「頑張ってね〜」 永宗 勇次 (神奈川デジ支部)
「泣き相撲」 稲葉千代吉 (千葉支部)
「さあ、出発だ」 木内 和夫 (大和支部)
「SMILE YOSAKOI♪」 フェスラー千酉 (神奈川デジ支部)
「温泉の町で見つけた昭和レトロ」 奥山 弘道 (相模支部)
「ママと楽しいお買い物」 青木 静子 (厚木支部)
「ママ!ありがとういい気持ち」 三好 蓉子 (都写研支部)
「村仲間」 大竹 俊夫 (長岡支部)
「かわいい子狐」 塚田 米造 (長野市・個人)
「ひととき」 太田 寿 (北勢支部)
「ひとり娘モモコ」 片岡 仁 (鈴鹿支部)
「触れ合い」 坂井 邦夫 (鈴鹿支部)
「ゆかいな仲間」 三浦 公子 (四日市支部)
「楽しき町内会」 村田 芳男 (亀山支部)
「ごろんごろんごろん!」 萩原 清春 (亀山支部)
「まんま」 松林 宏樹 (北勢支部)
「一緒に行こう」 伊藤 正哉 (鈴鹿支部)
「2人の春」 野呂 彰 (大阪市・個人)
「心躍った日」 高木真優美 (大阪市・個人)
「激写」 松本 末子 (門真市・個人)
「幸せの笑い」 吉永 明美 (枚方市・個人)
「南京玉すだれ「出来た!!」」 吉岡 清吾 (羽曳野市・個人)
「お姉ちゃん、速ーい!」 小山 賢吉 (熊本支部)
敬称略

                          
<< 戻る