日報連 > コンテスト >ベスト10コンクール

2011年 ベスト10コンクール  課題「希望」

【総評】明るい世の中に、と願いを込めた課題の「希望」でしたが、3月には未曽有の大震災が東日本を襲い、被災地だけでなく日本中が影響を受けました。日報連のみなさんからは子供やお祭り、風景などいろいろな作品が寄せられましたが、やはり大震災を離れて選考することはできず、被災地のかすかな希望を切り取った作品が最終選考に残りました。来年の課題は「笑い」です。動物の笑い顔?笑っているように見えるビル?などなど、人の笑顔に限らずセンスとユーモアで斬新な作品を期待しています。(東京本社写真部長・佐藤泰則)
■グランプリ ■2位 ■3位 ■4位 ■5位
「負けるもんか」
4枚組
「希望の光」 「祝い泣き」 「あきらめず」 「五月晴れ」
大城喜春さん 松林宏樹さん 渡辺建喜さん 田中 耕さん 太田 寿さん
(埼玉支部) (北勢支部) (やよい支部) (しらこばと支部) (北勢支部)


■6位 ■7位 ■8位 ■9位 ■10位
「見習い中」 「ワァ.のぞみだ!!」 「完成を目指して」 「未来に羽ばたく」 「見守る」
佐々木浅雄さん 斉藤伸也さん 小島一晃さん 萩原清春さん 荻本昇吾さん
(船橋支部) (静岡支部) (館林支部) (亀山支部) (東三河支部)
■入選 
           
「深い爪痕」 大槻 明生 (原町支部)
「退院の朝」 小野 悟 (石岡支部)
「祈・家族の幸せ」 坂田 頴子 (やよい支部)
「桜の樹の下で」 田口 正夫 (館林支部)
「震災を乗り越えて」 増田 毅 (やよい支部)
「喜びの日」 橋本 敏男 (館林支部)
「絆」 栗原 民雄 (志木支部)
「被災地に春」 金井 佳代子 (青梅支部)
「おとぎの国へ出発」 塩沢 隆雄 (立川市・個人)
「千客万来の東京スカイツリー」 奥山 弘道 (相模支部)
「日本一心」 青木 静子 (厚木支部)
「流雲」 早川 昭雄 (長岡支部)
「夢見る時」 塚田 米造 (長野市・個人)
「我がはいは猫である」 中村 薫 (尾張支部)
「尊敬と期待」 伊藤 洋史 (鈴鹿支部)
「願いを結ぶ」 片岡 仁 (鈴鹿支部)
「感無量」 辻 春代 (北勢支部)
「甲子園夢見て」 中瀬 泰侑 (鈴鹿支部)
「初日の出に願いをこめて」 中西 一夫 (鈴鹿支部)
「福よ来い」 小山 賢一 (鈴鹿支部)
「ボクの街」 奥本 年秋 (大阪市・個人)
「孫」 野呂 彰 (大阪市・個人)
「明日に向かって」 菜島 実 (堺市・個人)
「風船」 山崎 誠一 (堺市・個人)
「今、望み願うこと」 伊藤 清 (池田市・個人)
「輝く未来へ」 松本 末子 (門真市・個人)
「笑顔」 角井 和雄 (寝屋川支部)
「黄葉の中を」 伊藤 勝夫 (奈良市・個人)
「想いよとどけ」 中村 敏夫 (熊本支部)
「広がる笑顔」 小山 賢吉 (熊本支部)
敬称略

                          
<< 戻る